【多頭飼いに】オーエフティー・キャットリンクワン【おすすめ自動給餌器】

自動給餌器の購入を検討しているけど、

「何を買っていいか分からない!」
「種類がたくさんありすぎて決められない!」

という方に、おすすめの商品を限定してお伝えしたいと思います。

今回は、
ペット用品の輸入・開発等を行っている「OFT(オーエフティー)」の自動給餌器

CATLINK ONE(キャットリンクワン)」です。

この商品はこんな方におすすめです。

  • 多頭飼いをしている方に
  • フードの量を細かく管理したい方に
  • 肥満気味のペットを飼っている方に
  • フードロスをなくしたい方に
出典:https://tshop.r10s.jp/ip-plus/cabinet/oftftp18/catlinkone-00.jpg

おすすめポイント1

CHECK!

多頭飼いに特化した機能を搭載!

多頭飼いをしていて起きる問題として、
「食べるのが好きなペットもいれば、あまり食べ物に執着しないペットもいて、食べる量がばらばらになってしまう」
ということがあげられると思います。

そういった問題点を解決できる機能が搭載されています。

多頭飼いに特化した機能

個別タグと専用アプリ

トレーの底にタグを読み取るセンサーと重量センサーが付いています。
個別のタグ※をペットに付けておけば、どのペットが食べているかをタグを読みとって感知。
重量センサーでどれだけ食べたか、どれだけ残したかを把握し、専用アプリに自動で記録されます。

タイマーで給餌するだけでなく、手動で給餌することもできるので、
「アプリで記録を見て、余り食べていないペットにだけ追加で給餌する」
ということも可能です。

※個別のタグは3つ同梱されています。

出典:https://image.rakuten.co.jp/ip-plus/cabinet/oftftp18/catlinkone-12.jpg
出典:https://image.rakuten.co.jp/ip-plus/cabinet/oftftp18/catlinkone-13.jpg
楽天市場で個別タグを見てみる場合はこちら

横取り防止ガード

ジャイアンみたいな性格のペット、のび太君みたいな性格のペット様々いると思います。
「同じ量をあげていたつもりが、気付いたらジャイアンが横取りしていた」
ということもあるでしょう。

しかし、横取り防止ガードが付いているため、のび太君も安心してご飯が食べられます。

出典:https://image.rakuten.co.jp/ip-plus/cabinet/oftftp18/catlinkone-03.jpg

おすすめポイント2

CHECK!

フードの量を細かく管理できる!

「自動給餌器」とうたわれている商品は、決まった時間に、決まった量だけ自動で給餌する機能が大体は付いています。
ペットがどれだけ食べたか、どれだけ残したかに関わらず、です。

しかし、この「CATLINK ONE」は、重量センサーが付いているおかげで、給餌された量はもちろん、トレーに残っているフードの量も把握でき、給餌する量を細かく管理することができます。

「たくさん食べているから、追加で給餌しないようにする」
という肥満防止にも役立ちますし、
「トレーにたくさん残っているのに、更に給餌されてしまい、結局フードを捨てることになってしまった」
というフードロスを防ぐことにも役立ちます。

製品仕様とその他の機能

製品仕様

  • 大きさ
    幅23㎝、奥行き39㎝、高さ40㎝
    ※幅と奥行きはA3サイズくらい、高さは一升瓶くらいです。
  • タンク容量
    3.5ℓ
    ※猫一匹(体重約4㎏、1日2回計70gの給餌)だと、満タンで使用して約17日~21日分です。
  • 給餌設定可能数
    1~20ポーションまで1ポーションずつ設定可能です。
    ※1ポーションという単位で設定することになります。
    与えているフードにもよりますが、1ポーションは大体5g程度の量です。

その他の機能

  • タンクとトレーは丸洗いできる
    丸洗い可能なので、いつでも清潔に保つことができます。
  • いたずら防止機能
    タンクの蓋がロックできたり、給餌口が閉じられていたりと、いたずらの防止策も施されています。
  • 乾燥剤ホルダー
    タンクの蓋に乾燥剤を入れることができるため、固形フードが湿気ってしまうのを防ぐことができます。
    また、アプリに登録しておくと、乾燥剤の交換時期もお知らせしてくれます。
  • モバイルバッテリーを使用可能
    通常の電源とは別に、モバイルバッテリーを使用できます。
    ※本体の形状上、使用できるモバイルバッテリーの大きさが限られますのでご注意ください。
    ※10㎝×12.5㎝×2.4㎝以上のモバイルバッテリーは使用できません。

検討ポイント

おすすめポイント等記載してきましたが、もちろん検討しておくべき事項もあります。

Wi-Fi環境がないと操作できない

各種設定をWi-Fiを通じて設定することになるため、ご自宅にWi-Fi環境※が必要です。
こちらの商品を購入しただけでは、操作できませんのでご注意ください。
(本体に設定ボタン等ありませんのでご注意ください。)
※2.4GHz帯のWi-Fi環境であることが必要です。

<関連リンク>
Wi-Fi環境がない場合はこちらがおすすめ!
猫、小型犬におすすめな自動給餌器はこちら
【猫、小型犬に】Latuna・モグモグマシーン【おすすめ自動給餌器】

いたずらっ子におすすめな自動給餌器はこちら
【いたずらっ子に】うちのこエレクトリック・カリカリマシーン【おすすめ自動給餌器】

海外製品

最初に断っておきますが、海外製品だからだめだと言っている訳ではありません。
私自身も海外製品は好きでよく使っています。
しかし、細かな部分が雑に作られていたり、アプリの一部が日本語に対応していなかったりと、海外製品特有の「大雑把さ」があるのは事実です。
※使用できないような大きな欠陥はありません。

自動給餌器としては大きい

幅と奥行きでA3サイズ、高さが一升瓶サイズ、重さも4.6㎏と自動給餌器としては大きい部類になります。
設置場所は購入前に検討しておく必要があります。

価格

15,950円(送料込)
※2022年3月26日時点の情報です。
価格は変動している可能性がございますので、商品ページから最新の情報をご確認ください。

まとめ

「OFT(オーエフティー)」の自動給餌器
「CATLINK ONE(キャットリンクワン)」についてまとめてきました。

検討ポイントは当然あるものの、それを超える
多頭飼いに特化した機能!
というのは一番のおすすめポイントです。

自動給餌器の購入を検討している方は参考にしてみてください!

商品を見てみる場合はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA