【出張・旅行時に】ファンクストア・チャオポリス【おすすめ自動給餌器】

自動給餌器の購入を検討しているけど、

「何を買っていいか分からない!
「種類がたくさんありすぎて決められない!」

という方に、おすすめの商品を限定してお伝えしたいと思います。

今回は、
自社ブランドの商品を多く扱っている「funks store(ファンクスストア)」の自動給餌器

CiaoPolice(チャオポリス)」です。

こちらの商品はこんな方におすすめです。

  • 出先でもペットの様子が気になってしまう方に
  • 夜でもペットの様子を見たい方に
  • スマホから操作できるタイプで、コスパの良い商品をお探しの方に
出典:https://shop.r10s.jp

おすすめポイント1

CHECK!

スマホからの機能が充実!

スマホで操作できるタイプは他にもありますが、スマホで操作できるだけではなく、その他にも便利な機能が付いています。

出典:https://shop.r10s.jp

スマホから見れる、話せる

専用のスマホアプリから、カメラとマイクがワンタッチで起動できます。
そのため、タイマー設定をした時間にカメラとマイクを起動すれば、フードを食べているペットに話しかけたり、食べている様子を見守ったりすることができます。

また、スマホアプリから手動で給餌することもできるので、

名前を呼んで近づいてくるのを待つ

近付いてきたのをカメラで確認し手動で給餌する

食べている間にコミュニケーションをとる

という使い方もできます。

写真も撮れる

専用のスマホアプリからいつでも見たり、話しかけたりできるだけではなく、写真を撮ることもできます。
普段一緒にいるときには見せない表情を撮影できるかもしれません。

おすすめポイント2

CHECK!

カメラに暗視モードが付いている!

カメラ付き自動給餌器は聞いたことがあっても、暗視モードまで搭載されているタイプはあまり聞かないのではないでしょうか。
読んで字のごとく、暗闇でも視ることができる機能ですが、これが結構はっきり見えます。

しかも、暗闇を感知すると自動で暗視モードに切り替わってくれるため、いつでもペットの安否を確認することができます。
自動給餌器としてはもちろん、ペットカメラの役割も果たしてくれるという訳です。

おすすめポイント3

CHECK!

コスパ(コストパフォーマンス)がいい!

スマホから操作できたり、カメラが付いていたりという自動給餌器を購入しようとすると、2万円を超える商品も多数あります。
その中で、この機能でこの価格は購入する価値があると思います。

製品仕様とその他の機能

製品仕様

  • 大きさ
    幅19㎝、奥行き37㎝(トレー装着時)、高さ32㎝
    ※本体は1.5ℓのペットボトルを2本並べたくらいの大きさです。
  • タンク容量
    6ℓ
    ※猫(体重約4㎏、1日2回計70gの給餌)だと、満タンで使用して約30日~35日分です。
  • 給餌設定可能数
    10g~100gまで10gずつ10段階で設定可能です。

その他の機能

  • タンクとトレーは丸洗いできる
    丸洗い可能なので、いつでも清潔に保つことができます。
  • 電源が選べる
    USB電源、又は単一乾電池3本で動かすことができます。 

検討ポイント

おすすめポイント等記載してきましたが、もちろん検討しておくべき事項もあります。

Wi-Fi環境がないとスマホで操作できない

スマホアプリから操作できるといっても、スマホアプリをダウンロードするだけでは使用できません。
インターネット経由で本体を操作することになるため、ご自宅にWi-Fi環境※が必要です。
こちらの商品を購入しただけでは、スマホアプリから操作できませんのでご注意ください。
※2.4GHz帯のWi-Fi環境であることが必要です。また、Wi-Fi環境があっても、モバイルWi-FiやSoftbank Airでは接続できません。

<関連リンク>Wi-Fi環境がない場合はこちらがおすすめ
猫、小型犬を飼っているなら
【猫、小型犬に】ラチュナ・モグモグマシーン【おすすめ自動給餌器】

いたずらっ子を飼っているなら
【いたずらっ子に】うちのこエレクトリック・カリカリマシーン【おすすめ自動給餌器】

単一乾電池で給電している場合は、スマホアプリからの操作ができない

USB電源、又は単一乾電池3本で動かすことができますが、単一乾電池を入れていると本体ボタンのみが有効となり、自動給餌機能やカメラ機能が使えなくなってしまいます。

単一乾電池で使用する主な理由としては、お出かけ中の急な停電や、ペットがいたずらしてUSB電源が外れてしまったとき等に対応できるようにするためではないでしょうか。
単一乾電池で使用すると本体ボタンのみしか使用できなくなるのは、少々残念なポイントです。

給餌量に誤差がある

100gまでの間で10gずつ10段階で設定できますが、与えているフードの大きさやタンクに入っているフードの量等によって誤差が出ます。
これは他の自動給餌器でも言えることですが、各家庭で使っているフードが違う以上、正確に給餌量を測るのは難しいのだと思います。

設定した給餌量を実際に測り、調整してみると良いでしょう。

価格

13,750円(送料込)
※2022年3月26日時点の情報です。
価格は変動している可能性がございますので、商品ページから最新の情報をご確認ください。

まとめ 

funks store(ファンクストア)の自動給餌器
「CiaoPlice(チャオポリス)」
についてまとめてきました。

検討ポイントは当然あるものの、許容範囲といえるほどですし、
何と言っても
高機能なのに価格が抑えられている!
というのは一番のおすすめポイントです。

自動給餌器の購入を検討している方は参考にしてみてください!

商品を見てみる場合はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA