【いたずらっ子に】うちのこエレクトリック・カリカリマシーン【おすすめ自動給餌器】

自動給餌器の購入を検討しているけど、

「何を買っていいか分からない!」
「種類がたくさんありすぎて決められない!」

という方に、おすすめの商品を限定してお伝えしたいと思います。

今回は、
ペット家電を専門に扱っている「うちのこエレクトリック」の自動給餌器

カリカリマシーン」です。

この商品はこんな方におすすめです。

  • いたずらされないか心配な方に
  • 自分で蓋を開けて食べないか心配な方に
  • 元気いっぱいで自動給餌器を倒してしまいそうと思っている方に
出典:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp

おすすめポイント1

CHECK!

あらゆるいたずら防止策が施されている!

自動給餌器として欲しい機能を備えているのはもちろんですが、その最大の特徴は、「あらゆるいたずら防止策が施されている!」ということです。
飼っているペットがやんちゃで困っている、という方も少なくないのではないでしょうか。
もちろん、生き物相手なのでいたずらを完全に防ぐことは不可能だと思います。
しかし、ここまで徹底されていれば、いたずらされて困ることはないでしょう。

いたずら防止策

ロックボタン

上蓋にロックボタンが設置されており、このロックボタンを押しながらでないと、上蓋が開かない作りになっています。
そのため、飼っているペットが「上蓋を開けて中身を全部食べてしまった!」ということは起こらないでしょう。

また、このロックボタンのおかげで、本体が倒されても中身がこぼれることはありません。
※フード出口から少量こぼれることはあります。

上蓋内に操作ボタンを設置

ありそうでないデザインなのですが、上蓋内に操作ボタンがあるため、ロックボタンを解除して上蓋を開けないと操作できない作りになっています。
そのため、いたずらによる誤作動を防ぐことができます。

狭小設計フード出口

フードの出口が狭く設計されており、手を突っ込んで食べるということができない作りになっています。
また、給餌量を調整する部分が区切られているため、たとえ手を突っ込めたとしても、取り出せない作りになっています。
※少量こぼれることはあります。

出典:https://www.rakuten.ne.jp

おすすめポイント2

CHECK!

いざという時の機能が充実している!

給餌器として初の赤外線センサーが導入されていたり、自己保護機能がついていたりといざという時に役立つ機能がついています。
これらの機能は普段の生活で役立つ機能ではないかもしれませんが、
「この機能があって良かった!」
と思う日が来るかもしれません。

いざという時に役立つ機能

自動給電切替

電源はアダプタか単一乾電池3本で動きますが、普段から併用しておくことをおすすめします。
「飼っているペットが走り回って電源コードが抜けてしまった」
「災害が発生し停電してしまった」
そんなときに、アダプタの給電から乾電池の給電へ、自動で切り替えてくれるからです。

自動給餌器を普段使いで使用している方、家を空けるときのみ使用している方、どちらもいらっしゃると思います。
後者の方である場合は、
「給電されずにフードが出なかったらどうしよう」
という不安を解消してくれます。

赤外線センサー

フードの出口付近に赤外線センサーが設置されており、フードタンクが空になった場合は、警告音で知らせてくれます。
また、何らかの理由でトレーにに残ったフードが積みあがった場合も、出口付近の赤外線センサーが感知し、給餌をストップ。
フードがあふれるのを防いでくれます。

自己保護機能

トレーに残ったフードが積みあがった際に、赤外線センサーが汚れ等で感知できなかったとしても、モーターの自己保護機能が働き、給餌をストップしてくれます。
過負荷による過熱や故障を防いでくれるという訳です。

製品仕様とその他の機能

製品仕様

  • 大きさ
    幅24.5㎝、奥行き30㎝(トレー装着時)、高さ38㎝
    ※本体はランドセルくらいの大きさです。
  • タンク容量
    4.3ℓ
    ※猫(体重約4㎏、1日2回計70gの給餌)だと、満タンで使用して約21日~25日分です。
  • 給餌設定可能数
    最大1日4回まで
    10g~100gの間で、10gずつ10段階で設定可能です。

その他の機能

  • 飼い主さんの声を録音できる
    タイマーをセットした時間に飼い主さんの声を流すことができます。
  • タンクとトレーは丸洗いできる
    丸洗い可能なので、いつでも清潔に保つことができます。
出典:https://shop.r10s.jp

検討ポイント

おすすめポイント等記載してきましたが、もちろん検討しておくべきポイントもあります。

上蓋のロックが解除しにくい

片手でロック解除ボタンを押そうとすると本体が動いてしまうため、もう片方の手で本体を抑えながらロック解除ボタンを押すことになります。
そして、ロック解除ボタンを押しながら上蓋を開けることになるので、スムーズに開けるにはコツがいります。

しかし、
「飼っているペットが上蓋を開けて中身を食べない」
「本体が転倒したときに中身が出ない」
というメリットを考えれば、許容範囲ではないでしょうか。

給餌量に誤差がある

100gまでの間で10gずつ10段階で設定できますが、与えているフードの大きさやタンクに入っているフードの量等によって誤差が出ます。
これは他の自動給餌器でも言えることですが、各家庭で使っているフードが違う以上、正確に給餌量を測るのは難しいのだと思います。

設定した給餌量を実際に測り、調整してみると良いでしょう。

フードが出てくるときの音が大きい

フードが出てくる前に軽いモーター音があり、そのあとにフードが出てきます。
モーター音は気になりませんが、フードがトレイにあたる音が結構大きいです。
音が気になる方はアタッチメントとして売られている、ステンレス製インナートレーもあると良いかもしれません。

楽天市場でステンレス製インナートレーを見てみる

価格

9,200円(送料込)
※2022年3月26日時点の情報です。
価格は変動している可能性がございますので、商品ページから最新の情報をご確認ください。

まとめ

うちのこエレクトリックの自動給餌器
「カリカリマシーン」
についてまとめてきました。

検討ポイントは当然あるものの、許容範囲といえるほどですし、
何と言っても
いたずらされにくい!
というのは一番のおすすめポイントです。

せっかく自動給餌器を購入しても、いたずらされて壊されてしまっては元も子もありませんからね。

自動給餌器の購入を検討している方は参考にしてみてください!

楽天市場で商品を見てみる場合はこちら

<関連リンク>
出張や良好で家を空けるときに気を付けたいことはこちら
【出張・旅行、家を空けるとき】初めてのペットの飼い方!~猫編その7~

一人暮らしでペットを飼う時に気を付けたいことはこちら
【一人暮らし】初めてのペットの飼い方~猫編その8~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA