【出張・旅行、家を空けるとき】初めてのペットの飼い方!~猫編その7~

「猫を飼いたいけど、仕事の関係で家を空けることが多く、一人暮らしなので他に面倒を見てくれる人がいない。」
「猫を飼い始めたけど、趣味の旅行にも行きたい!」
と猫を飼うのを諦めている方、家を空けるのをためらっている方等いらっしゃると思います。

そんな方のために、家を空けるときの対応方法をまとめていきたいと思います。

そもそも猫ってどういう動物?

猫のイメージは、どんなイメージですか?
「マイペース」
「無関心」
「単独行動」
などなど、我関せずで一人で過ごしているイメージが多いのではないでしょうか。

猫は単独で狩りをして暮らしてきた動物なので、
「自分の好きな時に食べ、自分の好きな時に眠る。」
という生活をしたきた動物です。
そのため、マイペースであったり無関心であったりというイメージになるのだと思います。

そして、「自分のペースで生活をしているなら、ストレスが少なそうだな。」と、考える方もいるかもしれません。
しかし、その考えは実は誤りで、猫は非常にストレスを感じやすく、変化に弱い動物です。

「犬は人に付く、猫は家に付く」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは、猫の変化への弱さを表した言葉になります。
変化に弱いので、「いつもの場所、いつもの人がいい」という訳です。

猫を一人にして家を空けても大丈夫?

結論から言えば、単独行動で暮らしてきた動物ですので、基本的には一人で大丈夫です。

ただし、長期間家を空けるとなると、ごはんやトイレの問題が出てきますし、「いつもの場所、いつもの人がいい」と書いた通り、「いつもの人」であるご主人がいないという状況にストレスを感じてしまう猫もいます。

家を空けるときの対応

そこで、出張・一人暮らしで家を空けなければならないときのおすすめの対応について、家を空ける日数ごとにまとめていきます。

1~2泊

「お家でお留守番」でよいでしょう。
ごはんを日数分用意し、水もたっぷり用意しましょう。
トイレは清潔な状態にしてお出かけしてください。
出来れば、自動給餌器や全自動トイレ等を用意しておくのが望ましいです。
また、猫が一人で遊べるおもちゃを用意しておくと、ストレス発散になります。

2~3泊

「ペットシッター」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
ごはんの用意、トイレの後始末、遊び相手、お世話など決められた時間内であれば、いろいろと対応してくれます。
人見知りする猫の場合は、ごはんの用意とトイレの後始末だけなど、猫の性格によって対応を変えてくれます。

【ペットシッターの一般的な流れ】

  1. 予約
    ペットシッターを頼みたい日の予約をします。
  2. 事前打合せ
    当日までにペットシッターさんが家を訪れ、猫の性格、ごはんの場所、ご飯の量、トイレの掃除、当日やってほしいこと等を打ち合わせし、家の鍵を渡します。
  3. 当日
    打合せ内容に応じて、お世話をしてくれます。
    中にはお世話時の写真をメール等で送ってくれることもあります。
  4. 鍵の返却
    後日鍵を返しに来てくれるので、それを受けとって終了です。

3泊~

「ペットホテル」の利用を検討しましょう。
ペットシッターを頼んでもよいと思いますが、3泊以上になると、ペットホテルを利用したほうが割安になることが多いです。
また、獣医師がいるペットホテルも多いため、もしもの時に安心です。

ペットホテルに預ける際は、日数分のごはん、少量の猫砂、猫の匂いがついているもの(いつも使っているおもちゃやブランケット等)を用意しましょう。
少量の猫砂があれば、ペットホテルのトイレがすぐに自分のトイレだと認識できますし、自分の匂いがついているものがあれば、いつもと違う環境でも安心するからです。

なお、大概のペットホテルではワクチン接種証明書の提示を求められます。
利用する前に必ずワクチン接種を受けておきましょう。

まとめ

猫は一人でも大丈夫な動物ではありますが、何もしなくてよいという訳ではありません。
出張や旅行で家を空けるときは、しっかり準備をしましょう!

また、猫にとってもご主人と一緒が一番です。
帰ってきたらしっかり褒めて、甘えさせてあげましょうね!

<スポンサーリンク>
生産者が英国王室エリザベス女王より表彰
※The Queen’s Award for Enterprise :International Trade 2017 受賞。

愛猫の健康を維持するなら

イギリス産高級グレインフリーキャットフード
『カナガン』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA