【大人も子供も一緒に楽しめる】新しい趣味を見つけよう!【ナノブロック】

「時間が足りなくなるくらい没頭できる、新しい趣味は何かないかな?」
「子供と一緒に楽しめるものはどんなものがあるだろう?」
「両親に何かプレゼントしたいけど、何か変わったものはないかな?」
そんなことをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にお勧めなのが「ナノブロック」です。

<ナノブロックがおすすめな理由>

  • 誰でも作れる!
  • 気軽に始められる!
  • 作って楽しく、見て楽しい!

そんなナノブロックについて解説していきます。

ナノブロックについて

そもそもナノブロックって? 

ナノブロックとは、2008年に日本で生まれたホビーブロックのことです。
発売から9年後の2017年には、累計販売個数3,000万個を突破するほど人気の商品となっています。

「ナノ」とは、「小さい人」という意味のラテン語で、その名の通り、極小のブロックを積み重ねて遊びます。
その極小ブロック達の中で最小のブロックは、何と4×4×5㎜!
五円玉の穴くらいの大きさしかありません。

ちなみに、「ナノブロック(naoblock)」は、「株式会社 カワダ」が商標登録しています。

完成品の大きさはどれくらい?

ナノブロックには、200ピースくらいの可愛いのものから、5,000ピース以上の大迫力のものまで、様々あります。
完成品の大きさのイメージは、200ピースくらいものだと、名刺一枚分くらい。
5,000ピース以上のものだと、バスケットボールくらいの大きさになるものも。

値段はいくらくらい?

1,000円未満のお手軽に購入できるものから、20,000円以上する超大作もあります。

どこで購入できるの?

ナノブロックの専門店「ナノブロックストア(nanoblock store)」や、公式直販サイトの「ナノブロックファクトリー(nanoblock factry)」で買えるほか、amazonやYahoo!ショッピング等の通販サイト、ヨドバシカメラ等の家電量販店、各種おもちゃ屋等々、様々な場所で購入することができます。
また、ご当地限定ナノブロックもありますので、旅行先で探してみるのも面白いかもしれません。

<ご当地ナノブロックはこちら>

【旅行のお土産にも】ご当地ナノブロック!【各都道府県別】

メリット

誰でも作れて、気軽に始められる

ブロックには初めから色が付いており、ブロックの凹凸をはめ込むだけで作成できるため、特殊な工具は一切不要です。
そのため、説明書通りにはめ込んでいけば完成します。

対象年齢は12歳以上ですが、それぞれの商品に難易度が設定されているため、難易度が低いものだと小学校3、4年生くらいになれば作成できそうな印象です。
そして、難易度が高いものだと大人でも手こずる場合があります。
しかし、手こずるからこそ、完成させると達成感が得られるでしょう。

自分の好きなものが一つはある

ナノブロックで商品化されているものは、2022年4月14日時点で304種類!
自分の好きな商品が一つは見つかります。

<商品の一例>

  • キャラクター
    ポケットモンスター、ドラゴンボール、ドラえもん、キン肉マン etc.
  • 建築物
    スカイツリー、サグラダファミリア、東京駅、ピサの斜塔 etc.
  • 生き物
    ライオン、アフリカゾウ、キリン、パンダ etc.
  • 乗り物
    電車、船、バイク、スペースシャトル etc.
  • 食べ物
    ラーメン、ハンバーガー、ワイン、チョコレート etc.

表現力が秀逸

「ブロック(立方体)」という言葉の通り、特殊なパーツ以外は、四角形のパーツで構成されています。
四角形を使用して何かを作成しようとすれば、通常完成品は四角形になるはずです。

しかし、完成品は三角形であったり、丸であったりと様々なものが表現されています。
「表現に制限がある中で、いかに様々なもの表現するか」
ということを考えるのが、ナノブロックの最大の楽しみであり、最大の魅力であると思います。

デメリット

置き場所

ナノブロックの完成品は、どれも飾っておきたくなるものばかり。
一つ一つは小さいので、部屋のどこにでも飾れますが、
「塵も積もれば山となる」状態で、
「気付いたら部屋中ナノブロックだらけ!」
ということも。

ある程度置き場所を確保したうえで、作成し始めると良いでしょう。

置き場所どうしよう…?

誤飲の可能性

ナノブロック単体の最小パーツは、5円玉の穴程度の大きさしかありません。
小さいお子さんがいるご家庭や、ペットを飼っているご家庭は誤飲に気を付けましょう。

作成中はもちろん、完成後もパーツが外れたりする可能性はありますので、手の届かない位置に保管してください。

まとめ

ナノブロックは、
「誰でも作れて、気軽に始められる」
「作って楽しく、見て楽しい」
というメリットがある趣味です。

さらに、

子供の頃にブロックのおもちゃで遊んだ経験があると、「集中力」「創造力」「イメージ力」が養われる。

レゴと知育の関連性に関する調査より

という研究結果もあります。

いいこと尽くめのナノブロック。
皆さんも始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA